中古別荘を購入するなら土地に注目するべし

できるだけ後悔することを予想する

別荘を購入する時には、中古別荘であればその建物の状態や程度を見ておかなければなりませんが、その当たりは多くの人が認識していることになります。問題は、住み始めてからこんなはずではなかったと思うことがどのようなことかを予測することが大事になります。どれだけ準備をしておいても未来を的確に予想することはできません。そうするとどうしてもイレギュラー的なことが発生してしまいます。ではどのようなことが予想しにくいでしょうか。

再建築不可の建物とは?

中古住宅を購入する時には、そのまま使うこともできますが、10年もすると別荘を建て直したいと思うこともあるでしょう。その時には、再建築不可の場合は建て替えることができません。では、ココで言う再建築不可の建物とはどのような建物でしょうか。再建築不可の建物は、公道に接する面積が2メートル以下の場合を指します。この場合、消防車などが出入りすることができない場合があるので、再建築をしてはいけないと法律で決まったのです。

リフォームをする方法もある

再建築不可の建物を再建築してしまうと問題が生じてしまいます。その場合には、再建築は諦めるしかありません。その代わり、リフォームやリノベーションならすることができます。リノベーションをする場合には、完全に元の家の面影がなくなってしまうため、積極的にリノベーションをする人も珍しくありません。リフォームにしてもリノベーションにしても余り過度にし過ぎると建て替えよりもお金がかかってしまいますので、目的を決めてする必要があります。

中古の別荘は、比較的リーズナブルな価格が設定されており、契約を結ぶにあたり、物件の利点を見極めることが重要です。