マンションの価値を見極める!売却を前にすること

希望価格と相場の違いを理解

マンションを売却する際には相場の理解が不可欠です。売却希望価格が決まっている場合はそこを焦点にして不動産業者へ相談することになりますが、相場とかけ離れた希望価格であると注意が必要になりますね。マンションの売値は相場に左右されるため、査定を行うのが一般的には基本です。多数のところへ査定してくれる不動産業者もあるため、査定自体の手間はほとんどありません。ただし信頼できる業者の方が利用しやすいのは確かです。

過去の土地などから類推

土地はマンションの価値を左右する大きな要素の1つです。土地価格相場は過去の土地価格から予測できる場合もあるので、気になる人はマンションのあるエリア、またはその周辺情報を探っておきましょう。不動産業者は独自のネットワークを持っていますが、素人であっても過去の土地価格については詳細情報と合わせて調べられます。エリア指定で地価公示価格を調べられるサイトもあるので、足を使うまでもなく情報は得ることができますよ。

売値と仲介手数料について

不動産業者の役割からして、仲介手数料が発生するのは取り引きが決まった後です。査定の時点では無料で依頼することが可能ということになりますね。また仲介手数料の上限は決まっているので、高額請求されるといったことはありません。とはいえマンションの売値によっても左右されることなので、仲介手数料のパーセンテージは事前に把握しておきましょう。ちなみに契約後、決済後と分けて手数料を支払う場合も業者によってはあります。

マンションの売却をしたいなら、買取専門の不動産業者に相談をすることです。相談料は無料の場合も多く、安心です。