飲食店の上の階にある賃貸物件

臭いの問題があります

飲食店が1階部分にある賃貸物件はなるべく契約を避けた方が良いです。様々なデメリットがあり生活をする上でストレスを抱えてしまう可能性が高いからです。どんな部分がストレスの原因になるのかと言いますと1つは臭いになります。飲食店では料理を提供するので必ず臭いが出てしまいます。その臭いが部屋の中にまで入ってきてしまい、部屋の中が臭くなってしまう、または洗濯物にまで臭いがついてしまう場合もあります。これは男性でも女性でも良く思わないでしょう。

虫が部屋の中に入ってきてしまいます

また虫の問題もあります。厨房に虫がいる飲食店は珍しくありません。その虫は部屋の中に入ってきてしまう可能性があります。また夜は窓を開ける事ができない状態になってしまいます。看板を目立たせたいとライトアップをしている店もあります。このライトの光に虫が集まってしまい窓を開けると大量の虫が部屋の中に入ってきてしまいます。虫が平気な男性の方は問題ありませんが、女性の方で虫が嫌いな方は自宅に帰るのが嫌になってしまいます。

騒音の問題とメリットについて

騒音の問題もあります。飲食店を出てすぐに帰る方もいますししばらく外で話をする方もいます。特にアルコールを提供している店が賃貸物件の1階にある場合は、大きな声で話をする方もいます。これでは安眠できませんし、常に寝不足になってしまいます。飲食店の上が賃貸物件になっている場合は家賃が安くすぐに食べに行けるメリットもありますが、あまりおすすめできない物件と言えます。実際に生活している方に話などを聞くと分かりやすいでしょう。

江別市の賃貸マンションは、いつでも引っ越すことができるメリットがあるので飽きっぽい人や転勤が多い人には最適です。