物件の下見で確認しなければいけないこと

床や壁の厚さをチェック

不動産を賃貸するなら、まずは間取り図を読めるようにならないといけません。しかし、間取り図が読めるからと言って、物件の下見に行かなくてもいいと言うわけではないです。どれだけ間取り図を見ても、床や壁の厚さは分かりません。下見に行かないと知ることができないわけです。木造アパートは音が伝わりやすくコンクリートは伝わりにくいと言われています。つまり、アパートよりもマンションの方が音の問題は少ないと言うわけです。

窓とコンセントの数もよく見ておく

しかし、これはあくまでも一般的な話です。下見に行って、床や壁をノックして確認することが大事になってきます。また、窓の様子もよく見なければいけません。窓は日当たりだけでなく、防犯にも関係する部分です。のぞきやすい窓は住むときにそれなりの配慮がいります。そして、コンセントの数もしっかり数えておきましょう。現代ではテレビやビデオやパソコン、電子レンジやドライヤーなどの電化製品がないと快適に生活できません。

コンセントの位置も大事

部屋にあるコンセントの数は多ければ多いほどいいと言うわけです。もちろん、数だけでなく位置も確認しておかないといけません。コンセントの位置が生活動線から離れ、機器を使用する場所が遠くなると、コードが邪魔になります。コンセントの位置と数を確認し、間取り図に記入するのが基本です。そうすれば、部屋のレイアウトを考えながら、家具や電化製品を買うことができます。また、最低でも20アンペアの賃貸物件を選ぶことです。

札幌の賃貸マンションは、快適に暮らすことができる魅力があり、防犯システムも整っているのでいつまでも安全に暮らせます。